SSブログ

Smart Coverとマッチ! Simplism Smart BACK Cover for iPad 2を試す [Mac]

iPad 2を手に入れて次に考えないといけないのはその保護をどうするのか、ということ。

もちろんハダカのままが一番美しい、という意見もあります。
ただ自分の場合はiPhone 4を購入直後に保護ケース購入が間に合わないうちに落下させて傷を付けてしまって半ばトラウマとなってしまっているので、保護ケースの購入に本当に必死!

今回のiPad 2はまずApple純正 「通称 風呂蓋」のiPad Smart Coverの購入がまずありきの話でした。
ishot-1.jpg

3/2のKeynoteでJobsからの説明を目にした時から「今回はコレを購入しよう!」と心に決めていました。 iPad 1の時の純正ケースには全く目もくれなかったんですけどね(^^;

自分は店頭で革製かポリウレタン製か迷った上でポリウレタン製に、色は「King of 風呂蓋カラー」と言っても過言ではないブルーを選択しました。

DSC_0013.jpg
革製も考えなくはなかったですが、自分のiPadの使用スタイルがほとんど自宅のみと固まっているので、そこで革製のカバーを奢らなくても保護の役割さえしてくれればイイ、という考えでの選択でした。


Smart CoverはiPad 2の液晶面の保護はしてくれますが、裏面のアルミ部の保護は全くしてくれません。
いくら自宅での使用がメインとはいえ、iPadは実際にアルミ部を手に取って触って持ち運んだりするものなので、ハダカだと傷が気になってしまいます。
iPad Smart Coverと併用できる背面保護ケースをリリースするサードパーティーが絶対に出てくるだろうと誰もが考えていたと思いますが、早速数社がその機能を持つケースをリリースしてきました。

今回購入したのは iPad 2発売と同日にキッチリとリリースして店頭に商品を投入してきた SimplismSmart BACK Cover for iPad 2 です。

DSC_0003.jpg
ポリカーボネイト製の背面保護ケースで、色はクリスタルクリア、ラバーホワイト、ラバーブラックの3色展開。
自分は背面の林檎マークを出来れば隠したくはない林檎バカなので、クリスタルクリアを購入しました。

Simplismのポリカ製ケースは自分自身もiPad 1やiPhone 4のケースで使用してきて、その透明性、頑丈さ、そしてメーカー自身もアピールしている「成形時のライン(モールドライン)をサイドに逃がし、背面はまるで何も装着していないかのように美しい」デザインをすっかり実感しているので、迷うこと無く購入。
今回も素晴らしい品質でした(^^)


DSC_0004.jpg
パッケージには「iPad 2用」「Smart Cover」対応がシッカリと謳われていて分かり易いです。


DSC_0007.jpg
Smart Coverとの併用が可能なことがココにもシッカリと!
そして商品の特徴は

DSC_0009.jpg
このように全て外パッケージに書いてあります。

ポリカーボネイト製のカバー本体は

DSC_0011.jpg
このように傷防止のパッケージフィルムが貼られており、実際に使用、装着する前に傷がつかないように保護されています。

さていよいよiPad 2にカバーを装着するためにフィルムを剥がしてみました。

DSC_0012.jpg
ご覧の通り全くの透明で、モールドラインは見受けられません。


DSC_0014.jpg

DSC_0015.jpg
iPad 本体への各ボタン、端子類へのアクセスもご覧の通りバッチリ。
ジャストフィットでアソビは無いですが、外すのも簡単でフィッテイングも問題ナシでした。


そして

DSC_0020.jpg

DSC_0016.jpg
Smart BACK Coverを付けたままiPad Smart Coverが併用できます(^^)


DSC_0019.jpg
Smart Coverのマグネット部分をアップしてみると、このように干渉しないように切り欠き成形がなされているので、2つの併用が可能になっているというわけです。

嬉しい誤算もありました。
当ブログでも以前採り上げているiPad(1)専用防水ケース「DRiPRO iPad 用スタンド付き防水ケース」はiPad 1専用の大きさで作られているため、ジャストフィットなのは良いんですがジャストフィットし過ぎて薄手のエアジャケットでも装着してしまうと事実上出し入れが困難で、iPadはハダカのままで使っていました。
今回のiPad 2は大きさは ほぼそのままで厚みが薄くなっているため、背面保護のためのSmart BACK Coverを装着したまま余裕で出し入れ出来るんです。

DSC_0022.jpg
これでSmart BACK Coverは常時装着決定で、普段も入浴中もiPad 2を保護できて安心、というわけです(^^)

iPad 2をしばらく使ってみて、iPad(1)との違いを色々感じ始めてきましたが、それはまた次回へと続きます…


なお、Smart Cover 対応iPad 2ケースを自作された方もいらっしゃったみたいです。



関連エントリ iPhone 4 落下させました




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

pyon-kichi

あの風呂蓋くんだと、裏側はどうなるんだろうと思っていたんですが、やっぱり、思ってらっしゃる方、いらっしゃいますよね。そして、ぴったりのものがあったとは、なにより。simplismの周辺機器というか、アクセサリー、好みにあうものがおおくて、気がつくと結構囲まれています。私も、風呂蓋に乗り換える時には、これも一緒に揃えることにするかもしれません。
by pyon-kichi (2011-05-07 15:20) 

サスケ

>pyon-kichiさん

コメントありがとうございます!

Simplismの製品は派手さは無いけど、シンプルかつ基本に忠実な作りで、クオリティーも高いモノが多いです。

今製品もその期待を裏切らない出来なのでよろしかったら是非どうぞ!
by サスケ (2011-05-10 22:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます